資産運用(2017年10月)


投資デビュー月である2017年10月の売買結果

国内株式

J-REIT含む国内株式は、基本的に先月SBI証券で開設したNISA口座で購入するようにしている。売買手数料が無料になる点が大きい。

日経平均が右肩上がりに上昇を続ける中、なかなかお値打ち感がある株が見つからず、あまり売買できなかった。

買付

銘柄コード 銘柄名 購入/売却数 単価
2193 クックパッド 100 789
3382 セブン&アイ・ホールディングス 10 4,443

クックパッド

  • 実力が過小評価されていると感じたため100株購入。
  • 創業者と社長のトラブル、直近のプレミアム会員減少など、成長が疑問視される点はあるが、中で働いているエンジニアの人は優秀な方が多い(とRuby開発者として思っている)。
  • Rubyコミッターの方を雇用し、Rubyコミュニティの発展や社内の技術力向上にも励んでいるように見える。
  • 今後の機械学習分野でなんらかの強みを発揮していくと思っている。
    • 機械学習をやる上で一番ネックとなるのは、機械学習に強い技術者の雇用でも、高速な計算機の取得でもなく、学習の元となるデータを集めること。
    • クックパッドは、レシピや料理画像など学習の元になりそうなデータをたくさん持っているため、今後料理の分野でおもしろいサービスを出してくれるのではないかな、と期待している。

すでに購入時から5%ぐらい下げているのが悲しいですが、11月の第三四半期決算後を動向を見つつ、もう少し買増ししていく予定。

セブン&アイ・ホールディングス

  • セブンカフェが安くておいしいのと、揚げ鶏が低カロリー高タンパクでダイエットに役立ったため。
  • 100株だと40万円を超える投資になり怖かったので、SBI証券のS株サービスを使い、単元未満株として10株のみ購入。
  • 初期投資が抑えられたのはよかったのですが、買付手数料が「0.54%(売却も入れると1.08%)」かかるため、今後はどうしてもという場合以外には使わないようにしようと思った。

売却

特になし

J-REIT

国内株式に資金が集中しているせいか、こちらは相対的にお値打ち感があるものがちらほら見つかったので、結構な金額を投資している。

買付

銘柄コード 銘柄名 購入/売却数 単価
3459 サムティ・レジデンシャル投資法人 投資証券 1 83,700
8967 日本ロジスティクスファンド投資法人 投資証券 1 210,600
8985 ジャパン・ホテル・リート投資法人 投資証券 2 71,850

サムティ・レジデンシャル投資法人 投資証券

  • 一番最初に投資した物件。
  • 「住居型」の中でもっとも利回りが高い。
  • 平均築年数も10年以下と同業種の中でも低い。
  • 購入した後に知ったが、 利益超過配分 を採用しており、これにより配当利回りが高くなっている模様。これは、不動産の評価額が下がると配分されなくなるので、不動産市場が冷え込むと利回りが急激に下がるかもしれないリスクあり。あと減価償却費は将来の備えという観点もあるはずで、それを取り崩している点も気になる。

今後、利回りが大きく下がる恐れもあるため、他の住居系のREITも購入してリスク分散しておきたい。

日本ロジスティクスファンド投資法人 投資証券

  • 住居以外のタイプのREITを持っておきたかった。
  • なんとなく値段が下がっていて、お値打ち感あると思ったため購入(←よくない)。
  • 購入後に知ったが、「206,170円」の発行価格で 公募増資 を実施しており、この価格で購入した人が売却する可能性があった。
  • 上記公募の他、新規物件取得に伴い財務状況が悪化した結果、格付が下がっていて、これにより購入時から5,000円ほど下げてしまった…。

なんで値が下がっているか、ちゃんと調べようと強く反省。格付けが下がるのは難しかったが、公募増資をしていたのはちょっと調べればわかるはず。
物流系の中では利回りは高めなので、当面はholdしておく。

ジャパン・ホテル・リート投資法人 投資証券

  • こちらも住居以外のREITを確保するため購入。
  • 購入時は利回りが5%ほどあり、他のREITと比較しても高かった。
  • NOI利回りも7%以上で高く、財務面も優秀。
  • 購入時に価格が下がっていたのは、2017年5月に優待の改悪があったらしいのと、北朝鮮関連か。

特に手放す理由は見当たらないので、当面holdしておく。

売却

特になし

海外ETF

自分でいくつか購入してみたが、かなり面倒なことがわかった。

  • 「為替」と「ETFの価格」の2つを意識する必要があり、購入のタイミングを見つけるのが疲れる。
    • 「為替」に関しては、ドルコスト平均法を使って定期的に円->ドルの両替をしておけば対応できるかもしれない。
  • 円->ドルの手数料を少なくするためには、SBI証券より住信SBIネット銀行で両替した方がよいのだが、そのためにそこそこの手数がかかってしまう。
    • 住信SBIネット銀行の外貨積み立てを使っておけば、そんなに苦労はしないか?
  • 国内株式のように企業の成長性を見て投資するのではなく、単にチャートの形だけを見て購入するかどうかを判断しており、ここまで労力をかけるのがどうなのか?と思い始めてきた。

上記から、自力で海外ETFを購入するのはやめて、ロボアドバイザーに移行する予定。
手数料も年間1.0%で、海外ETFを自力で運用した場合とそんなに変わらないはず。

買い付け

売買手数料を抑えるため、銘柄を6つに絞って購入。

銘柄コード 銘柄名 購入/売却数 単価
BND バンガード 米国トータル債券市場ETF 4 $ 81.73
IYR iシェアーズ 米国不動産 ETF 3 $ 79.95
JNK SPDR BBバークレイズ ハイイールド債券 ETF 3 $ 37.21
VT バンガード トータル ワールド ストックETF 1 $ 71.82
VTI バンガード トータルストックマーケットETF 1 $ 132.30
VWO バンガード FTSEエマージングマーケッツETF 1 $ 44.54

来月以降の方針

  • 国内株式は全体的に価格が上昇気味で、高値掴みする可能性があるため、自分が後悔しない成長株を探し出して投資していく。
  • J-REITは国内株式と比較して購入しやすい状況。分散投資の観点から、まだ投資していない分野をメインに割安感のある銘柄に投資していく。
  • 海外ETFは自分では買わず、ロボアドバイザーを使う。購入分は当面、塩漬けか。NISA口座分の売却時の手数料の無料化に期待。